24時間WEB予約

しまもと歯科

根管治療

根管治療とは?

根管治療とは、虫歯が神経まで到達してしまった際に、
歯の神経の通る管(根管)の神経を取り除き、根の先までを
キレイにする治療のことをいい、歯根治療とも呼ばれます。

歯科用CTによる的確な診断

歯科用CTによる的確な診断

当院では、歯根や歯槽骨の状態を立体的に把握するために、高度な歯科用CTを用いることもあり的確な診査・診断につなげています。

根管治療は非常に緻密な治療が必要となるため、事前の検査で根管内や顎の骨の状況を詳しく分析することが重要です。

従来のレントゲン写真では、平面的な情報しか得られませんが、CTを用いることで立体的な情報を得られ、多面的に口腔内の状況を把握することができます。特に難症例においては、治療の成功率の向上に大きく貢献します

根管治療が必要なケース

虫歯を放置すると、やがてズキズキと激痛を伴いますが、これは細菌や細菌が出す毒素が歯の内部の神経(歯髄)まで到達することで引き起こします。症状がさらに進むと、歯に触れただけで痛んだり、腫れを伴うこととなります。

これらは自然に治ることはないため、細菌を除去し、新たに細菌が入らないように薬を緊密に詰める根管治療を行う必要があります。

神経が死んでしまった歯であっても、根管治療を行うことで長く使えるようになる可能性があります。

サンプルイメージ

根管治療で治せないケース

  • 歯根の先に膿が溜まってる歯
    溜まっている膿が軽度であれば、神経を消毒し膿を出す処置を行うことで治療が可能です。

    しかし、膿が重度の状態の場合は、周りの骨を溶かしてしまうリスクを避けるために抜歯を行うこととなります。
  • 歯根が割れている歯
    歯並びや噛み合わせに問題がある場合、一部の歯に過剰に負担がかかり、歯の根っこが割れてしまうことがあります。

    折れてしまった根っこの部分はくっつけることができず、放置していると細菌感染が骨にまで広がってしまうため、抜歯が必要となります。

根管治療後の注意点

歯の根の周りには噛んだ時に硬い物や軟らかいものを判断する
「歯根膜」という薄いクッションのようなものがあります。
根の先からこの歯根膜に炎症が伝わると咬合時に痛みを生じます。

根管治療の後に普通に噛んでも強い痛みがある場合には、
噛み合わせを調整し、噛む時に刺激を抑え痛みを緩和できる場合があります。

また、痛みが強ければ痛み止めを服用します。
治療中の歯は噛まないよう注意し、安静にしましょう。

可能な限りの
衛生面への配慮

当院では根管治療の際に使用するリーマー及びファイルを全て使い捨てにすることにより、現在の歯科医療で可能な最大限の衛生管理を行っております。

当院で診療可能な
メニュー