24時間WEB予約

しまもと歯科

口腔外科

口腔外科とは?

虫歯や歯周病の治療を除く、口内やその周囲の疾患を対象とする
部位に起こるトラブルに対応し、外科処置を行う診療科です。

顎関節症

顎の関節周りの何らかの原因で、顎が鳴ったり痛みを伴ったり、口が開かないなどの機能低下が起きる状態をいいます。

こんな症状が出たら、
顎関節症かもしません。
口を開けて指が縦に3本入らない
口を開閉するときにカクカク音がする
口が急に開かなくなった
物を噛むと耳の付け根やこめかみが痛い

サンプルイメージ

上記のような症状に覚えがある場合、顎関節症の可能性があります。
少し様子を見るうちに症状が治まることもありますが、
肩こり・頭痛・難聴・めまい・食欲不振などの症状が出てくるなど、
生活に支障をきたす場合があります。痛みや違和感が続く時には、一度ご相談ください。

 

顎関節症になる主な原因

下記のような生活習慣における癖やストレス等が重なることで、
顎の関節に負担がかかり顎関節症になるとされています。

顎関節症の治療方法

顎関節症は生活習慣病的な部分が大きいとされています。
そのため、改善方法としては、歯ぎしりや偏咀嚼などの
悪習癖を取り除く、患者さん自身が行うセルフケアが中心となります。
また症状に応じて、専門病院で原因となる噛み合せの矯正や薬物療法、関節腔内の洗浄、
内視鏡下での外科的手術などの方法によって治療を行なう場合もあります。

口腔外科で
対応可能な症状

口腔粘膜疾患

口腔粘膜疾患

口の中の粘膜が腫れていたり、赤くただれていたり、できものができることが原因で痛みを生じます。口内炎もその一種となります。

その他、口の中の粘膜が白くなる白板症という前癌病変の疾患もあります。

顎顔面領域の外傷

転んだりぶつかったりすることが原因で、口内外を切ってしまったり、歯が折れた・抜けてしまったなど、顎顔面領域の外傷には、受傷部位により口腔軟組織の損傷や顎骨骨折、歯牙の損傷等があります。

単独の歯の破折や脱臼の場合は一般歯科医院でも治療可能ですが、顎骨骨折や顔面の裂傷の治療は専門性のある病院で早期の治療が必要となります。

顎顔面領域の外傷

 

粘液嚢胞

唾液を出す管が閉塞して唾液が溜まったり、
唾液の出る管が破れて唾液が漏れ出し、
その周囲を薄い組織が取り囲むことで生じる水膨れのような嚢胞です。

口の粘膜を噛むことや、異物によって口腔内を傷つけてしまうことが
粘液嚢胞の主な原因となります。噛んでしまうことで一時的に潰れる場合が
ありますが、ほとんどの場合が再び腫れて再発することとなります。

当院で診療可能な
メニュー