24時間WEB予約

しまもと歯科

入れ歯(義歯)

入れ歯について

入れ歯にも幅広い選択肢があります

入れ歯にも
幅広い選択肢があります

入れ歯は、失った自身の歯に代わる人工の歯を指します。義歯とも呼ばれる装置です。

入れ歯の種類には、大きく分けて「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類がありますが、現在では、それぞれに材質や特徴が異なる様々な装置が開発されています。

ピッタリの入れ歯選びを
サポートします

当院では、患者さんのお口の状態をしっかりと把握し、保険適用の有無、
見た目や機能的なご希望やご要望も丁寧にお伺いします。
食事をしっかり楽しみたい」「思いっきり笑顔になりたい」など、お気軽にご相談ください。
それぞれの装置のメリット・デメリットも踏まえた上で、最適な治療法をご提案いたします。

入れ歯の種類

部分入れ歯の種類
バネのある入れ歯
(保険適用)
保険適用の治療のため、
費用が比較的安価で作ることができます。

両隣の歯にバネを引っ掛けることで
入れ歯を安定させる仕組みのため、
土台となる歯の寿命を縮めてしまう場合があり、
またバネの部分が金属でできているため、
口をあけた際に目立つことがあります。
バネのない入れ歯
ノンクラスプデンチャー
(自費治療)
保険適用外のため、
比較的費用が高くなりますが、
金具を使っていないので、
周囲の歯にかかる負担が少なく、
金属アレルギーの心配もありません。

口を開けた時に金具が目立たなく、
付け心地もバネのあるタイプと比べ
フィット感があるのも特徴です。
総入れ歯の種類
土台が
プラスチック製
の入れ歯
(保険適用)
保険適用内のため、
費用を比較的安く抑えられ、
短期間で仕上げることができます。

一般的に保険適用内の入れ歯は、
土台部分(床)がプラスチック製となります。

強度を出すためにプラスチックを分厚くしており、
熱の伝わり方が弱かったり装着時に
違和感がある場合があります。
土台が
金属製の入れ歯
金属床義歯
(自費治療)
土台部分(床)に金属を使用した入れ歯で、
薄いため装着時の違和感が比較的少ない装置です。

熱の伝わりがよく、
食事もより楽しみやすい入れ歯です。

保険の制約がないことから、
審美性・機能面にもこだわりのある
様々な工夫がなされた種類の入れ歯があります。

治療後も
しっかりサポートします

入れ歯をできるだけ長く清潔に使用していくには、
普段のお口の中と入れ歯の適切なお手入れが大切です。
当院では、ご自宅でのケアの仕方も丁寧にお伝えし、
入れ歯をお作りした後も、定期検診を通じて、
健康的なお口の状態を末長くサポートさせていただきます。

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯を外した後の口腔ケア

入れ歯を外した後の口腔ケア

入れ歯の清掃の仕方

入れ歯を落とさないよう注意しながら、歯みがき粉は使わずに、入れ歯専用ブラシまたは歯ブラシで優しく水洗いしてください。

洗浄剤を使用する頻度

入れ歯洗浄剤は週に1度以上は利用すると清潔に使用できます。

洗浄剤を使用する頻度

 

 

入れ歯ご使用時の注意点

  • 熱湯は厳禁
    60℃以上の熱湯をかけたり、浸したりしてしまうと、入れ歯が変形してしまう場合があります。
  • 少し外しておく時の保存方法
    熱や乾燥による変形を防ぐために、コップなどの容器に水を入れてその中に保存しましょう。
  • 就寝時について
    基本的に入れ歯は就寝時には外しますが、部分入れ歯の方は外さなくても良い場合がありますので、ドクターの指示に沿いましょう。

当院で診療可能な
メニュー